初めてエクスキューズしようとする時の異議です

よくありがちなのが、「だって~」という反駁をよく使う俺です。「だって、○○に言われただし」「だって、俺には無理だもん」「だって、できるわけないもん」などという俺です。あなたもかわいらしく言っていませんか?

「だって」という反駁は、いざ言い訳しようとする時の反駁です。「何故、こんなことしたの?」「なんで、こうなったの?」と聞くと、「だって、貧弱でしょ。~だっただし。」「だって、俺にはとってもことだもん。」といった回答になるのです。

ですから、「だって」という反駁は使わないように気をつけましょう。「だって」という反駁を使うという、その後の言明は概ね否定的な意味合いになると思います。「貧弱」「無理だ」などのあきらめの反駁です。こうして、ぼくへ向けて、ガンガン後ろ向きな内容の言明が貫くでしょう。

ではいけません。今回あなたが「だって」をよく使っていることに気づいたのなら、使わないように気を付けてください。こうして、何か注意されたりいわれたりしたそうか、この手段もあるんだ」「こんな理論もあるのか」「一層違う方法でやってみよう」という賛同みたいアファメーションの理論として、未来を見通すしっとり前向きな反駁を使うようにしましょう。

先方が聞いても、ポジティブにわかる反駁です。「できないから」ではなく、「良い結果になるにはどうすればいいか」を考え、「今やダメだ」ではなく、「これはサクセスのタイミング」ってアファメーション下さい。

アファメーションの具体的な技法を紹介します。

といっても、アファメーションには決まった施策はありません。ですから、ここではおすすめのやり方の事情を紹介します。その中で、あなたがやりやすい施策や、運命に合った方法で実践してください。

アファメーションは、一年中決まった時間に行うと良いです。どんな方法でも、あなたが格段リラックスできる通り、スタンスを落ち着かせて嬉しいポリシーで行いましょう。プレッシャーを感じていたり、内心が張っていたりすると、潜在意識にアファメーションの反駁がどうしてもといったどかなくなってしまいます。スタンスを抑えるために、深呼吸をしてから行っても良いでしょう。

では、アファメーションのおすすめの施策を紹介します。

・朝方目覚めた時や夜中寝る前に、布団やベッドの中で、半分寝ているようなウトウトとした安楽状態でアファメーションの反駁を唱えてください。そういった時間は、普通に意識している顕在デリカシーからの損害がはやく、潜在意識にアファメーションを買い与えるのに最適です。

・鏡を持って、鏡の中の自分の目の裏を見つめながら、気持ちを込めてアファメーションの反駁を唱えます。

・アファメーションのための日記を作って、アファメーションを行う年月を一年中取り去り、アファメーションの反駁を何十回か書いていきます。

・アファメーションを自分でテープに録音して、リラックスしている時に聞きます。効果的なのは、就寝前や目覚めた形勢です。

・持ち歩いていつでも見かけるように、言明帳などのカードに書いておきます。

・申し出や理念などを紙に書いて、内部に貼っておきましょう。トイレなどの一所懸命目にする場所に貼っておくといった良いです。